設定

新聞屋さんQ&A

新聞屋のバイクがうるさい時の対処法を現役新聞屋が答える【読者のみなさますみません】

新聞屋 バイク うるさい,新聞屋 うるさい

 

新聞屋さんのバイクの騒音で悩まされた経験はないだろうか?この記事では現役新聞屋さんである私がご紹介する新聞屋さんのバイクがうるさい時の対処方法を私の経験を元に紹介します。

この記事で紹介する方法は実際にお客様から改善したというお声を頂いたものも含めて紹介しています。

うるさくて眠れやしない!!もうそんな思いはしたくないですよね?

是非参考にしてみてください。

 

ちなみにこの記事を書いている私は現役新聞屋さんでもありますが、元自動車整備士でもありますのでその点も踏まえて対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク


新聞屋さんのバイクがうるさい時の対処方法

 

新聞屋 バイク うるさい,新聞屋 うるさい

 

それではここから対処方法をご説明していきます。

そもそも新聞屋さんのバイクがうるさいというのは、バイクに原因がある場合とその運転手本人に原因がある場合と2パターンあります。多分記事を見てもらうとご理解いただけると思います。

 

そもそもバイクが壊れているケース

 

私の経験から言ってバイクそのものが壊れているケースは多いです。大体バイクのマフラーに穴が空いていてサイレンサーの機能がオワコン化してるからですね。

オイル交換をしない従業員もいるので、そのせいで金属と金属が擦れて『ガラガラ』と音を立てるバイクもあります。これはオイル交換をしてもらうように販売店に連絡しましょう。新聞屋さんはバイクに関して恐ろしいほどに無頓着な人が多いので本当にバイクの整備をしないと言った人も多いからです。

またエンジンそのものが終わっているケースも考えられます。これは修理自体にも時間がかかります。ほとんどの販売店は店に配達するバイクが壊れてしまった時のために予備のバイクを置いていることがほとんどですので、違うバイクに交換してもらいましょう。

なのでバイクが壊れている場合は

 

・バイクを修理してもらう

・オイル交換をしてもらう

・違うバイク(予備に)に交換してもらう

 

と言った方法が良いと考えられます。

 

 

とっ捕まえて徹底的に文句を言う(配達員を圧倒する)

 

販売店に苦情をもう仕立てても、言われた配達員が改善しないケースもあります。

そう言う時は配達員を直接とっ捕まえて、徹底的に文句を言う方が効果があることもあります。基本的に配達員の多くはお店の上司をナメてかかっていることが多いので(上司に原因がある場合もある)注意されたことに関して無頓着なこともよくあります。

見ず知らずの人間にいきなり怒鳴り散らされてみてください。すごいビックリしますよね?あれです。

つまり直接言った方が効果があることが多いです。

また販売店の上司に原因がある場合もあるため、この方法で効果が無いケースもあります。この場合は次に解説する方法をいくつか試していただければ効果が望めますので参考にしていただければと思います。

ここで紹介した方法をまとめると

 

・配達員を捕まえて文句を言う

 

と言った方法が効果があると言うことになります。また配達員に注意するときは年上で男性が言った方が高い効果が望めるケースが多いです。

 

 

配達員を変えてもらう

 

配達している従業員に問題があるケースも多いです。

異常にバイクを吹かしてエンジン音を唸らせてくる奴もいます。まるで暴走族か?と思うような奴もいます。

お店には代配と言って、1つの配達区域をずっと配る人以外にいろんな配達箇所を配れる人がいるので、店に電話して配達員を変えてもらいましょう。

 

 

周辺を歩いて配ってもらう

 

これは実際に私がやっていることでもありますが、一件バイクの音が気になって眠れないお客様がいらっしゃったので、少し離れた場所にバイクを止め、エンジンを停止し数件歩いて配ると言う方法です。

結構やっているお店はあるかと思いますので、対応してもらえないか交渉してみましょう。

 

 

消費者生活センターか新聞の本社に苦情を入れる

 

この方法が一番効果があると思います。

ただしこの方法をとる場合は販売店に一度対応してもらえなかった場合にした方が良いでしょう。

販売店と本社は完全な上下関係の間柄です。販売店は新聞本社に言うことには基本的に逆らうことができません。新聞本社のその地区の担当員さんに目をつけられてしまうと、販売店の所長さんにまで影響が及ぶ可能性がるのでこの方法が一番効果があります。

実はお店(販売店)が一番嫌がる方法なのです。

また消費者生活センターに電話してみるのも1つの手でしょう。

消費者生活センターには毎年新聞に関する苦情が10万件も寄せられているそうです。そのほとんどが新聞の契約に基づく苦情が多いようですが、消費者生活センターも新聞販売店の苦情には結構敏感になっているので一度試してみると良いと思います。

 

ここまでをまとめると

 

・新聞社に直接苦情を申し立てる

・消費者生活センターに苦情を申し立てる

 

という方法をとってもらえると高い効果が望めると思います。

スポンサーリンク


新聞屋さんのバイクがうるさい時の対処方法のまとめ

 

新聞屋 バイク うるさい,新聞屋 うるさい

 

いかがでしたでしょうか?

新聞屋さんの業務は新聞を配達し新聞を販売することを主としていますが、ボランティア的な要素も強いことがあげられます。

私もこの仕事をしていて数えきれないほどの苦情を受けていましたが、新聞を配ると言う基本的な業務をこなせないと読者や地域のみなさにご迷惑をかけてしまうことになります。

些細なことという簡単な認識であって良いはずがありません。一番良いのは読者に気持ちよく新聞を購読してもらうことですから、この意識が全ての販売店に浸透してくれればと願っています。

 

-新聞屋さんQ&A

Copyright© 新聞販売店の未来を考えるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.